1. >
  2. >
  3. 魅力的!都内のおもしろ居酒屋店

都内

冒険家気分で新規開拓から盛り上がるなら

「おもしろい」なる表現はある意味、極めて「底辺が広く奥深い」すなわち「ストライクゾーンが極めて広い」形容詞です。
決して国語の授業ではありませんが、皆さんもこれまでに遭遇された数々の場面の中、この一節に頷いていただけるに違いないと確信しています。

絶体絶命もしくは一刻の猶予も与えられぬ中、瞬時の究極の二択を迫られる場面を端的に表現するのであれば、平仮名五文字の「おもしろい」がベストマッチとの意見には説得力十分です。
あるいは対極の価値感から、単に気の合う仲間達大勢でワイワイ騒げる、あるいは一瞬一瞬に条件反射的に腹の底から笑い転げられるのもまた「おもしろい」に違いありません。

そしてこの「おもしろい」なる表現、飲食が絡むとなれば、更なる幅広く奥深い「状況」「感情」「感想」を表す五文字となります。
ここでは東京都内で不特定多数の方々が「おもしろ居酒屋店」と語る店舗にスポットを当て、皆さんが「それなら足を運んでみよう」との興味を膨らませるキッカケに繋がるお話を続けさせていただきます。

何がおもしろいのか

アルコールを体内に摂取すれば、無条件に誰もがハッピーなのが、居酒屋と称されるお店に共通する空気感です。
勿論多かれ少なかれ何らかの喜怒哀楽を胸に忍ばせつつ、もしくは気の合う仲間達と連れ立ち既にハイテンション状態で暖簾を潜る、全ての来客が「おもしろい」と感じる空間の提供は至難の業に他なりません。

それでも実際に訪れた多くの人達が「おもしろかった!」「ぜひ行ってみてください!」などのコメントを、わざわざ時間を割いてまで配信してくれる居酒屋には、間違いなく「おもしろい何か」が皆さんを待っているのです。
それが斬新を越えた前衛的なメニューなのか、思わず目を疑う店内の風景なのか、あるいはスタッフの想定を越えた接客なのか……それを確かめるには、実際に足を運ぶ以外にベストな方法は見当たりません。

こちらのサイトも御参考ください。
>>https://retrip.jp/articles/4638/

都内の「おもしろ居酒屋」と紹介されている注目の店舗の所在地や概要に関しては、お手元のネット検索機能を用いれば、難無く居ながらにしての確認が可能です。

既に多くの皆さんはご自身なりの「お馴染みの居酒屋」を確保されているに違いありません。
確かに安定に勝る安心感は見当たりませんが、同時にサプライズなる感情の動きは期待出来ないのも事実です。

「そろそろこの辺りで新規開拓を……」とのお考えをお持ちであれば、忘れかけていた、単純明快なご自身の中の「ストレートな冒険心」を引っ張り出してみてください。
「おもしろい」なる文言で不特定多数の見知らぬ方々が紹介する居酒屋であれば、ご自身が探検隊長として先陣を切られる価値は十分以上です。

まずは東京都内の未知なる秘境スポットの発掘を成し遂げ、居酒屋探検隊の第一人者を勝手に名乗ってしまうのもまた「粋な遊び」に違いありません。