1. >
  2. >
  3. 豚カツとはちょっと違う!牛カツのお店特集

カツ

牛肉ならではの調理法で最高の旨味を堪能

「トンカツ」は私達の食卓の定番中の定番として、誰もがその名称を耳にするだけで風味や食感を連想デキルメニューですが、次の単純な疑問に答えてくれる「カツ」が昨今、熱い視線を集めています。
「豚があれば牛があっても構わないでしょ?」なる素朴な疑問がそれであり、既に洋食の世界では「ビフカツ」なる存在は誰もが知るメニューとして市民権を有しています。

いわゆる定食的すなわち和食的アプローチから、牛カツを白ご飯や味噌汁と一緒に味わいたいと思うのは、極めて自然な食欲であり、勿論この欲求を満たしてくれるお店の存在は見逃せません。
単に豚が牛に換わっただけではなく、独自の食感と調理法で話題を集める牛カツのお店に関する基本的な情報を、以下皆さんだけにそっとお教えしましょう。

豚カツとは別世界の牛カツの魅力

牛カツと目や耳にすれば、条件反射的に次の疑問が頭を過ぎるのが私達庶民です。
「豚カツと比べて結構高額なのでは?」なる、お財布の中身との相談がその疑問ですが、東京は神田の神保町駅近くには、思わず「えっ?」と目を疑う程のコストパフォーマンスで話題のお店が人気を博しています。
ちなみに豚カツでは一般的なソースもしくは塩は用いず、味噌ダレもしくはわさび醤油で食べるのがこの店のスタイルで、全く新たな世界を堪能出来る、牛カツデビューにお薦めのお店です。

更にトンカツの場合、十分に火を通すのが一般的ですが、東京は新橋の注目点では、揚げる時間が僅か30秒の激レア牛カツが話題を呼んでいます。
ロースを用いたその食感を「まぐろの刺身みたい」と表現するコメントには興味が尽きません。

更に渋谷には座席数僅か10席の小さな牛カツ専門店が全ての来客の味覚を堪能させており、ランチタイムには何と待ち時間が2時間に達するとの情報も配信されています。
また中央線沿線の吉祥寺のお店では、牛カツでは珍しく岩塩をつけて食するスタイルに加え、焼き加減もお客さんの好みに応じて対応してもらえ、ご飯は麦飯と、数々の個性が光っています。

これまで牛カツ定食と馴染みが無かった方々にとっては意外だったかと思われますが、既にこの人気ニューは確実に私達の食生活の中にすっかり溶け込んで来ています。
外見こそ豚カツのアレンジバージョンに映りがちですが、一口食すれば広がる別世界、これを知らないのはあまりに勿体無さ過ぎます。